種類と取り入れ方は?

便秘改善やダイエット目的であれば、腸まできちんと届く難消化性のオリゴ糖がおすすめです。難消化性のオリゴ糖は、ラフィノースと呼ばれるビートオリゴ糖、虫歯になりにくいフラクトオリゴ糖、母乳にも含まれるが楽とオリゴ糖、甘みが強い大豆オリゴ糖、砂糖と変わらない甘さの乳果オリゴ糖、整腸作用の高いキシロオリゴ糖などがあります。自分が望む効果にそったオリゴ糖を選ぶと良いでしょう。

オリゴ糖の取り入れ方は非常に簡単なので、健康食品の中でも手軽に取り入れやすい部類に含まれます。製品として販売されているものは、粉末タイプやカプセルタイプ、シロップタイプのものなどさまざまです。ちなみに、便秘予防食品【カイテキオリゴ】は粉末タイプのオリゴ糖を販売しています。普段の食事や飲み物に混ぜるだけなので手軽です。参考にしてみてください。

健康食品としてオリゴ糖を取り入れている人は、砂糖の代用品としてコーヒーや紅茶に混ぜたり、プレーンヨーグルトの甘み付けとして利用したりしているケースが大半です。特に、ヨーグルトに混ぜると、ビフィズス菌も同時に摂れるので、便秘に悩む人にはおすすめです。

さまざまな健康効果が期待できるオリゴ糖。使い方も簡単で、手軽に利用できるので人気があります。オリゴ糖で健やかな体作りをはじめましょう。